来年栽培する西瓜の品種についてJAと打ち合わせ

栽培した物を全てを独自販売する事出来ない現状で

9割をJAに委託販売して貰っている

特に新品種となれば

販売に対する打ち合わせが必要である

 

マイクロシード(種子が従来の4分の1の大きさ)小玉は

9割の方が種子を気にせず食べられる小玉であるが

従来の小玉品種に比べて一回り小さい

普通に販売しても小さい小玉西瓜とみなされ

有利販売出来ない

 

そこで、ストーリーが重要になる

小玉の種子って食べる時すごく気になる

種子を取り除く手間で

西瓜本来の醍醐味が無くなってしまう

 

そこで開発したのがマイクロシード小玉西瓜

小粋(こいき)

種子名はピノガール

ぜひ、皆様方の協力の元

信州の夏休みシリーズにラインナップしたい

圃場廃棄を少なくする為

予約注文を宜しくお願い致します