最高のお取り寄せスイカを栽培 強風でスイカの蔓(ツル)作業が出来ない

午前中は穏やかな天候で

テント張り(スイカわ植える場所に、保温・雨避けでビニールを掛ける)。

午後から辰王圃場三番口の株元の芽欠き作業(親蔓(ツル)から出た脇芽)の

予定だったが

強い北風で、テント(ビニール)を手繰ると、

中の苗キャップ(保温・焼け防止の紙でできた四角錐の帽子)が舞う。

作業的には今日が適期だった。

美味いスイカを栽培するには

それぞれの作業を適期にやる必要がある!

株元の脇芽欠き作業は親蔓(ツル)の伸長を早くする為で、

作業が遅れると

子蔓(ツル)の伸長が親蔓を追い越す場合がある。

しかし、

自然の力に邪魔された時は、

臨機応変に対処する力と工夫が必要。

と言う事で

午後は強風の中、

高畝の排水溝の整地班と接ぎ木班に別れ作業。

Pocket
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA