感動西瓜物語 20mの突風に泣かされ

今日の風は凄まじかった。

松本地区では

トンネルの上に掛けたビニールやマルチが舞い上がり

風の悪戯に泣いた1日だった。

当農園では、

苗に掛けた帽子が舞い上がったり、

苗が剥き出しにらるなどの被害が出た。

西風だが非常に寒く、

震えながらの復旧作業となった。

明日の朝は霜が降りるので、

復旧作業は終わるまで帰れない

苗キャップ

苗キャップ

三角錐の紙で出来ている苗キャップ

風が入ると簡単に飛ばされるので、

竹串で止めていたが、

今回の風は強過ぎた。

鼻水垂らして、無事終了したが?

写真を撮る余裕無く直帰。

直帰といっても家で無く温室へ、

苗の管理と戸締りをして、

やっと帰宅。

Pocket
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください