最高の・贈答スイカ&お取寄せスイカになる為に脇芽欠き作業

霜よけの3重トンネルで、ぬくぬく生育

1重目 紙のキャップ

2重目 不織布

3重目 ビニール

1重目のスイカにかける紙の帽子が窮屈になり所々顔を出している。

スイカのツルで、紙の帽子が持ち上がったり、

ツルが帽子の外に出ると

日中の暑さで焼けて萎れるか枯れる

そうならない様に

株元の脇芽を欠き、帽子の中に収める。

2021.0413帽子を取った状態

2021.0413帽子を取った状態

2021.0413株元芽欠き小さく収める

2021.0413株元芽欠き小さく収める

 

半分近く終了したところで

北風が冷たくなり作業を中止する。

美味いスイカ作りには欠かせない細やかな対応

予想通り

霜予報発令

明日朝の最低気温はー1℃

早くトンネルを下げて保温に努める。

霜が降りた場合、

トンネル内がどれだけ暖かいかが勝負。

日差しの無い今日のような天気で、

夕方から晴天になれば、−1℃の霜でも危険である。

美味いスイカを作るには天気を読むのが非常に重要。

Pocket
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA