スイカ品種別畝割配置

スイカ品種畝割配置

通り毎に植え付ける品種の配置検討

スイカ品種別畝割配置

スイカ品種別畝割配置

 

1枚の圃場でも地主が5人位いて栽培品目も違っていた

当然地力も違う

強い品種や弱い品種、肥料の多い少ないで調整しながら品種を割り振る。

金色羅皇は追肥多め

ピノガール草生が強いので肥料は控えめ

サンダーボルトは交配までに草生を強めに作る

それぞれの特性を生かした肥料配分と配置が必要

品種毎に定植栽培するのが一番楽だが

シーズン通してそれぞれの品種に需要がある

手間のかかる作業だが手を抜くわけにいかない

 

Pocket
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA